万葉集3795番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3795番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3795番について

歌番号

3795番

原文

辱尾忍|辱尾黙|無事|物不言先丹|我者将依|[二]

訓読

恥を忍び恥を黙して事もなく物言はぬさきに我れは寄りなむ|[二]

かな読み

はぢをしのび|はぢをもだして|こともなく|ものいはぬさきに|われはよりなむ

カタカナ読み

ハヂヲシノビ|ハヂヲモダシテ|コトモナク|モノイハヌサキニ|ワレハヨリナム

ローマ字読み|大文字

HAJIOSHINOBI|HAJIOMODASHITE|KOTOMONAKU|MONOIHANUSAKINI|WAREHAYORINAMU

ローマ字読み|小文字

hajioshinobi|hajiomodashite|kotomonaku|monoihanusakini|warehayorinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|女歌|歌物語|物語|竹取翁|神仙

校異

特に無し

寛永版本

はぢをしのび,[寛]はちをしのひ,
はぢをもだして,[寛]はちをもたして,
こともなく[寛],
ものいはぬさきに[寛],
われはよりなむ[寛],

巻数

第16巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました