万葉集3796番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3796番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3796番について

歌番号

3796番

原文

否藻諾藻|随欲|可赦|皃所見哉|我藻将依|[三]

訓読

否も諾も欲しきまにまに許すべき顔見ゆるかも我れも寄りなむ|[三]

かな読み

いなもをも|ほしきまにまに|ゆるすべき|かほみゆるかも|われもよりなむ

カタカナ読み

イナモヲモ|ホシキマニマニ|ユルスベキ|カホミユルカモ|ワレモヨリナム

ローマ字読み|大文字

INAMOMO|HOSHIKIMANIMANI|YURUSUBEKI|KAHOMIYURUKAMO|WAREMOYORINAMU

ローマ字読み|小文字

inamomo|hoshikimanimani|yurusubeki|kahomiyurukamo|waremoyorinamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|女歌|歌物語|物語|竹取翁|神仙

校異

特に無し

寛永版本

いなもをも,[寛]いなもうも,
ほしきまにまに,[寛]おもはむままに,
ゆるすべき,[寛]ゆるすへし,
かほみゆるかも,[寛]かたちみえめや,
われもよりなむ[寛],

巻数

第16巻

作者

娘子

タイトルとURLをコピーしました