万葉集3870番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3870番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3870番について

歌番号

3870番

原文

紫乃|粉滷乃海尓|潜鳥|珠潜出者|吾玉尓将為

訓読

紫の粉潟の海に潜く鳥玉潜き出ば我が玉にせむ

かな読み

むらさきの|こがたのうみに|かづくとり|たまかづきでば|わがたまにせむ

カタカナ読み

ムラサキノ|コガタノウミニ|カヅクトリ|タマカヅキデバ|ワガタマニセム

ローマ字読み|大文字

MURASAKINO|KOGATANOMINI|KAZUKUTORI|TAMAKAZUKIDEBA|WAGATAMANISEMU

ローマ字読み|小文字

murasakino|kogatanomini|kazukutori|tamakazukideba|wagatamanisemu

左注|左註

右歌一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名|枕詞|動物|民謡|歌謡|恋愛|譬喩

校異

特に無し

寛永版本

むらさきの[寛],
こがたのうみに,[寛]こかたのうみに,
かづくとり,[寛]かつくとり,
たまかづきでば,[寛]たまかつきいては,
わがたまにせむ,[寛]わかたまにせむ,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました