万葉集3789番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3789番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3789番について

歌番号

3789番

原文

足曳之|山イ之兒|今日徃跡|吾尓告世婆|還来麻之乎|[二]

訓読

あしひきの山縵の子今日行くと我れに告げせば帰り来ましを|[二]

かな読み

あしひきの|やまかづらのこ|けふゆくと|われにつげせば|かへりきましを

カタカナ読み

アシヒキノ|ヤマカヅラノコ|ケフユクト|ワレニツゲセバ|カヘリキマシヲ

ローマ字読み|大文字

ASHIHIKINO|YAMAKAZURANOKO|KEFUYUKUTO|WARENITSUGESEBA|KAHERIKIMASHIO

ローマ字読み|小文字

ashihikino|yamakazuranoko|kefuyukuto|warenitsugeseba|kaherikimashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|枕詞|植物|歌物語|物語|三男一女|悲嘆|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

あしひきの[寛],
やまかづらのこ,[寛]やまかつらのこ,
けふゆくと[寛],
われにつげせば,[寛]われにつけせは,
かへりきましを,[寛]かへりこましを,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました