万葉集3804番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3804番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3804番について

歌番号

3804番

原文

如是耳尓|有家流物乎|猪名川之|奥乎深目而|吾念有来

訓読

かくのみにありけるものを猪名川の沖を深めて我が思へりける

かな読み

かくのみに|ありけるものを|ゐながはの|おきをふかめて|わがもへりける

カタカナ読み

カクノミニ|アリケルモノヲ|ヰナガハノ|オキヲフカメテ|ワガモヘリケル

ローマ字読み|大文字

KAKUNOMINI|ARIKERUMONO|INAGAHANO|OKIOFUKAMETE|WAGAMOHERIKERU

ローマ字読み|小文字

kakunomini|arikerumono|inagahano|okiofukamete|wagamoherikeru

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|歌物語|物語|悲別|地名|兵庫|挽歌|怨恨

校異

羊->年【類】【古】【紀】|歌【西】謌

寛永版本

かくのみに[寛],
ありけるものを[寛],
ゐながはの,[寛]ゐなかはの,
おきをふかめて[寛],
わがもへりける,[寛]わかおもへりける,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました