万葉集3839番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3839番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3839番について

歌番号

3839番

原文

吾兄子之|犢鼻尓為流|都夫礼石之|吉野乃山尓|氷魚曽懸有|[懸有反云|佐<我>礼流]

訓読

我が背子が犢鼻にするつぶれ石の吉野の山に氷魚ぞ下がれる|[懸有反云|佐<我>礼流]

かな読み

わがせこが|たふさきにする|つぶれいしの|よしののやまに|ひをぞさがれる

カタカナ読み

ワガセコガ|タフサキニスル|ツブレイシノ|ヨシノノヤマニ|ヒヲゾサガレル

ローマ字読み|大文字

WAGASEKOGA|TAFUSAKINISURU|TSUBUREISHINO|YOSHINONOYAMANI|HIOZOSAGARERU

ローマ字読み|小文字

wagasekoga|tafusakinisuru|tsubureishino|yoshinonoyamani|hiozosagareru

左注|左註

右歌者舎人親王令侍座曰|或有作無所由之歌人者賜以錢帛|于時大舎人|安倍朝臣子祖父乃作斯歌獻上|登時以所募物錢二千文給之也

事項|分類・ジャンル

雑歌|舎人親王|即興|宴席|報償|伝承|誦詠|地名|吉野|奈良

校異

家->我【類】【古】(塙)【尼】義|歌【西】哥

寛永版本

わがせこが,[寛]わかせこか,
たふさきにする[寛],
つぶれいしの,[寛]つふれいしの,
よしののやまに[寛],
ひをぞさがれる,[寛]ひをそさかれる,

巻数

第16巻

作者

安倍子祖父

タイトルとURLをコピーしました