万葉集3786番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3786番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3786番について

歌番号

3786番

原文

春去者|挿頭尓将為跡|我念之|櫻花者|散去流香聞|[其一]

訓読

春さらばかざしにせむと我が思ひし桜の花は散りにけるかも|[其一]

かな読み

はるさらば|かざしにせむと|わがもひし|さくらのはなは|ちりにけるかも

カタカナ読み

ハルサラバ|カザシニセムト|ワガモヒシ|サクラノハナハ|チリニケルカモ

ローマ字読み|大文字

HARUSARABA|KAZASHINISEMUTO|WAGAMOHISHI|SAKURANOHANAHA|CHIRINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

harusaraba|kazashinisemuto|wagamohishi|sakuranohanaha|chirinikerukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

雑歌|歌語り|櫻児|恋愛|二男一女|物語|悲嘆|譬喩

校異

并【西(削除)】|竟->競【尼】【類】【古】|来于->来【尼】【類】【古】|散去【尼】【類】(塙)去

寛永版本

はるさらば,[寛]はるさらは,
かざしにせむと,[寛]かさしにせむと,
わがもひし,[寛]わかおもひし,
さくらのはなは[寛],
ちりにけるかも[寛],

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました