万葉集3871番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3871番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3871番について

歌番号

3871番

原文

角嶋之|迫門乃稚海藻者|人之共|荒有之可杼|吾共者和海藻

訓読

角島の瀬戸のわかめは人の共荒かりしかど我れとは和海藻

かな読み

つのしまの|せとのわかめは|ひとのむた|あらかりしかど|われとはにきめ

カタカナ読み

ツノシマノ|セトノワカメハ|ヒトノムタ|アラカリシカド|ワレトハニキメ

ローマ字読み|大文字

TSUNOSHIMANO|SETONOWAKAMEHA|HITONOMUTA|ARAKARISHIKADO|WARETOHANIKIME

ローマ字読み|小文字

tsunoshimano|setonowakameha|hitonomuta|arakarishikado|waretohanikime

左注|左註

右歌一首

事項|分類・ジャンル

雑歌|地名|山口|植物|民謡|歌謡|歌垣|譬喩

校異

特に無し

寛永版本

つのしまの[寛],
せとのわかめは[寛],
ひとのむた,[寛]ひとのとも,
あらかりしかど,[寛]あれたりしかと,
われとはにきめ,[寛]わかともはわかめ,

巻数

第16巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました