万葉集3773番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3773番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3773番について

歌番号

3773番

原文

君我牟多|由可麻之毛能乎|於奈自許等|於久礼弖乎礼杼|与伎許等毛奈之

訓読

君が共行かましものを同じこと後れて居れどよきこともなし

かな読み

きみがむた|ゆかましものを|おなじこと|おくれてをれど|よきこともなし

カタカナ読み

キミガムタ|ユカマシモノヲ|オナジコト|オクレテヲレド|ヨキコトモナシ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAMUTA|YUKAMASHIMONO|ONAJIKOTO|OKURETEOREDO|YOKIKOTOMONASHI

ローマ字読み|小文字

kimigamuta|yukamashimono|onajikoto|okureteoredo|yokikotomonashi

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|恋情|悲別|大赦|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

きみがむた,[寛]きみかむた,
ゆかましものを[寛],
おなじこと,[寛]おなしこと,
おくれてをれど,[寛]おくれてをれと,
よきこともなし[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました