万葉集3675番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3675番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3675番について

歌番号

3675番

原文

於吉都奈美|多可久多都日尓|安敝利伎等|美夜古能比等波|伎吉弖家牟可母

訓読

沖つ波高く立つ日にあへりきと都の人は聞きてけむかも

かな読み

おきつなみ|たかくたつひに|あへりきと|みやこのひとは|ききてけむかも

カタカナ読み

オキツナミ|タカクタツヒニ|アヘリキト|ミヤコノヒトハ|キキテケムカモ

ローマ字読み|大文字

OKITSUNAMI|TAKAKUTATSUHINI|AHERIKITO|MIYAKONOHITOHA|KIKITEKEMUKAMO

ローマ字読み|小文字

okitsunami|takakutatsuhini|aherikito|miyakonohitoha|kikitekemukamo

左注|左註

右二首大判官

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|望郷|福岡|可也山|引津亭

校異

特に無し

寛永版本

おきつなみ[寛],
たかくたつひに[寛],
あへりきと[寛],
みやこのひとは[寛],
ききてけむかも[寛],

巻数

第15巻

作者

壬生宇太麻呂

タイトルとURLをコピーしました