万葉集3678番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3678番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3678番について

歌番号

3678番

原文

伊毛乎於毛比|伊能祢良延奴尓|安伎乃野尓|草乎思香奈伎都|追麻於毛比可祢弖

訓読

妹を思ひ寐の寝らえぬに秋の野にさを鹿鳴きつ妻思ひかねて

かな読み

いもをおもひ|いのねらえぬに|あきののに|さをしかなきつ|つまおもひかねて

カタカナ読み

イモヲオモヒ|イノネラエヌニ|アキノノニ|サヲシカナキツ|ツマオモヒカネテ

ローマ字読み|大文字

IMOOMOHI|INONERAENUNI|AKINONONI|SAOSHIKANAKITSU|TSUMAOMOHIKANETE

ローマ字読み|小文字

imoomohi|inoneraenuni|akinononi|saoshikanakitsu|tsumaomohikanete

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|動物|望郷|羈旅|福岡|引津亭

校異

特に無し

寛永版本

いもをおもひ[寛],
いのねらえぬに[寛],
あきののに[寛],
さをしかなきつ[寛],
つまおもひかねて[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました