万葉集3724番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3724番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3724番について

歌番号

3724番

原文

君我由久|道乃奈我弖乎|久里多々祢|也伎保呂煩散牟|安米能火毛我母

訓読

君が行く道の長手を繰り畳ね焼き滅ぼさむ天の火もがも

かな読み

きみがゆく|みちのながてを|くりたたね|やきほろぼさむ|あめのひもがも

カタカナ読み

キミガユク|ミチノナガテヲ|クリタタネ|ヤキホロボサム|アメノヒモガモ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAYUKU|MICHINONAGATEO|KURITATANE|YAKIHOROBOSAMU|AMENOHIMOGAMO

ローマ字読み|小文字

kimigayuku|michinonagateo|kuritatane|yakihorobosamu|amenohimogamo

左注|左註

右四首娘子臨別作歌

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|悲別|恋情|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

きみがゆく,[寛]きみかゆく,
みちのながてを,[寛]みちのなかてを,
くりたたね[寛],
やきほろぼさむ,[寛]やきほろほさむ,
あめのひもがも,[寛]あめのひもかも,

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました