万葉集3620番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3620番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3620番について

歌番号

3620番

原文

故悲思氣美|奈具左米可祢弖|比具良之能|奈久之麻可氣尓|伊保利須流可母

訓読

恋繁み慰めかねてひぐらしの鳴く島蔭に廬りするかも

かな読み

こひしげみ|なぐさめかねて|ひぐらしの|なくしまかげに|いほりするかも

カタカナ読み

コヒシゲミ|ナグサメカネテ|ヒグラシノ|ナクシマカゲニ|イホリスルカモ

ローマ字読み|大文字

KOHISHIGEMI|NAGUSAMEKANETE|HIGURASHINO|NAKUSHIMAKAGENI|IHORISURUKAMO

ローマ字読み|小文字

kohishigemi|nagusamekanete|higurashino|nakushimakageni|ihorisurukamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|広島|倉橋島|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

こひしげみ,[寛]こひしけみ,
なぐさめかねて,[寛]なくさめかねて,
ひぐらしの,[寛]ひくらしの,
なくしまかげに,[寛]なくしまかけに,
いほりするかも[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました