万葉集3754番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3754番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3754番について

歌番号

3754番

原文

過所奈之尓|世伎等婢古由流|保等登藝須|多我子尓毛|夜麻受可欲波牟

訓読

過所なしに関飛び越ゆる霍公鳥多我子尓毛止まず通はむ

かな読み

くゎそなしに|せきとびこゆる|ほととぎす|*******|やまずかよはむ

カタカナ読み

クヮソナシニ|セキトビコユル|ホトトギス|*******|ヤマズカヨハム

ローマ字読み|大文字

KUゎSONASHINI|SEKITOBIKOYURU|HOTOTOGISU|*******|YAMAZUKAYOHAMU

ローマ字読み|小文字

kuゎsonashini|sekitobikoyuru|hototogisu|*******|yamazukayohamu

左注|左註

右十三首中臣朝臣宅守

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|恋情|悲別|女歌|難訓|動物|狭野弟上娘子

校異

特に無し

寛永版本

くゎそなしに,[寛]ひまなしに,
せきとびこゆる,[寛]せきとひこゆる,
ほととぎす,[寛]ほとときす,
*******,[寛]あまたかこにも,
やまずかよはむ,[寛]やますかよはむ,

巻数

第15巻

作者

中臣宅守

タイトルとURLをコピーしました