万葉集3580番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3580番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3580番について

歌番号

3580番

原文

君之由久|海邊乃夜杼尓|奇里多々婆|安我多知奈氣久|伊伎等之理麻勢

訓読

君が行く海辺の宿に霧立たば我が立ち嘆く息と知りませ

かな読み

きみがゆく|うみへのやどに|きりたたば|あがたちなげく|いきとしりませ

カタカナ読み

キミガユク|ウミヘノヤドニ|キリタタバ|アガタチナゲク|イキトシリマセ

ローマ字読み|大文字

KIMIGAYUKU|UMIHENOYADONI|KIRITATABA|AGATACHINAGEKU|IKITOSHIRIMASE

ローマ字読み|小文字

kimigayuku|umihenoyadoni|kiritataba|agatachinageku|ikitoshirimase

左注|左註

右十一首贈答

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|贈答|女歌|羈旅|出発|悲別|恋情|難波|大阪

校異

特に無し

寛永版本

きみがゆく,[寛]きみかゆく,
うみへのやどに,[寛]うみへのやとに,
きりたたば,[寛]きりたたは,
あがたちなげく,[寛]あかたちなけく,
いきとしりませ[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました