万葉集3768番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3768番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3768番について

歌番号

3768番

原文

己能許呂波|君乎於毛布等|須敝毛奈伎|古非能<未>之都々|<祢>能<未>之曽奈久

訓読

このころは君を思ふとすべもなき恋のみしつつ音のみしぞ泣く

かな読み

このころは|きみをおもふと|すべもなき|こひのみしつつ|ねのみしぞなく

カタカナ読み

コノコロハ|キミヲオモフト|スベモナキ|コヒノミシツツ|ネノミシゾナク

ローマ字読み|大文字

KONOKOROHA|KIMIOMOFUTO|SUBEMONAKI|KOHINOMISHITSUTSU|NENOMISHIZONAKU

ローマ字読み|小文字

konokoroha|kimiomofuto|subemonaki|kohinomishitsutsu|nenomishizonaku

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|恋情|悲別|悲嘆|女歌|中臣宅守

校異

末->未【紀】【温】【矢】|弥->祢【紀】【細】【温】|末->未【紀】【温】【矢】

寛永版本

このころは[寛],
きみをおもふと[寛],
すべもなき,[寛]すへもなき,
こひのみしつつ[寛],
ねのみしぞなく,[寛]ねのみしそなく,

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました