万葉集3636番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3636番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3636番について

歌番号

3636番

原文

伊敝妣等波|可敝里波也許等|伊波比之麻|伊波比麻都良牟|多妣由久和礼乎

訓読

家人は帰り早来と伊波比島斎ひ待つらむ旅行く我れを

かな読み

いへびとは|かへりはやこと|いはひしま|いはひまつらむ|たびゆくわれを

カタカナ読み

イヘビトハ|カヘリハヤコト|イハヒシマ|イハヒマツラム|タビユクワレヲ

ローマ字読み|大文字

IHEBITOHA|KAHERIHAYAKOTO|IHAHISHIMA|IHAHIMATSURAMU|TABIYUKUWAREO

ローマ字読み|小文字

ihebitoha|kaherihayakoto|ihahishima|ihahimatsuramu|tabiyukuwareo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|地名|山口|上関町|望郷|掛詞

校異

特に無し

寛永版本

いへびとは,[寛]いへひとは,
かへりはやこと[寛],
いはひしま[寛],
いはひまつらむ[寛],
たびゆくわれを,[寛]たひゆくわれを,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました