万葉集3630番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3630番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3630番について

歌番号

3630番

原文

真可治奴伎|布祢之由加受波|見礼杼安可奴|麻里布能宇良尓|也杼里世麻之乎

訓読

真楫貫き船し行かずは見れど飽かぬ麻里布の浦に宿りせましを

かな読み

まかぢぬき|ふねしゆかずは|みれどあかぬ|まりふのうらに|やどりせましを

カタカナ読み

マカヂヌキ|フネシユカズハ|ミレドアカヌ|マリフノウラニ|ヤドリセマシヲ

ローマ字読み|大文字

MAKAJINUKI|FUNESHIYUKAZUHA|MIREDOAKANU|MARIFUNORANI|YADORISEMASHIO

ローマ字読み|小文字

makajinuki|funeshiyukazuha|miredoakanu|marifunorani|yadorisemashio

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|土地讃美|山口|岩国|地名

校異

特に無し

寛永版本

まかぢぬき,[寛]まかちぬき,
ふねしゆかずは,[寛]ふねしゆかすは,
みれどあかぬ,[寛]みれとあかぬ,
まりふのうらに[寛],
やどりせましを,[寛]やとりせましを,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました