万葉集3667番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3667番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3667番について

歌番号

3667番

原文

和我多妣波|比左思久安良思|許能安我家流|伊毛我許呂母能|阿可都久見礼婆

訓読

我が旅は久しくあらしこの我が着る妹が衣の垢つく見れば

かな読み

わがたびは|ひさしくあらし|このあがける|いもがころもの|あかつくみれば

カタカナ読み

ワガタビハ|ヒサシクアラシ|コノアガケル|イモガコロモノ|アカツクミレバ

ローマ字読み|大文字

WAGATABIHA|HISASHIKUARASHI|KONOAGAKERU|IMOGAKOROMONO|AKATSUKUMIREBA

ローマ字読み|小文字

wagatabiha|hisashikuarashi|konoagakeru|imogakoromono|akatsukumireba

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|福岡|望郷|漂泊

校異

特に無し

寛永版本

わがたびは,[寛]わかたひは,
ひさしくあらし[寛],
このあがける,[寛]このあかける,
いもがころもの,[寛]いもかころもの,
あかつくみれば,[寛]あかつくみれは,

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました