万葉集3770番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3770番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3770番について

歌番号

3770番

原文

安治麻野尓|屋杼礼流君我|可反里許武|等伎能牟可倍乎|伊都等可麻多武

訓読

味真野に宿れる君が帰り来む時の迎へをいつとか待たむ

かな読み

あぢまのに|やどれるきみが|かへりこむ|ときのむかへを|いつとかまたむ

カタカナ読み

アヂマノニ|ヤドレルキミガ|カヘリコム|トキノムカヘヲ|イツトカマタム

ローマ字読み|大文字

AJIMANONI|YADORERUKIMIGA|KAHERIKOMU|TOKINOMUKAHEO|ITSUTOKAMATAMU

ローマ字読み|小文字

ajimanoni|yadorerukimiga|kaherikomu|tokinomukaheo|itsutokamatamu

左注|左註

右八首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|地名|福井県|武生市|悲別|恋情|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

あぢまのに,[寛]あちまのに,
やどれるきみが,[寛]やとれるきみか,
かへりこむ[寛],
ときのむかへを[寛],
いつとかまたむ[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました