万葉集3749番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3749番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3749番について

歌番号

3749番

原文

比等久尓々|伎美乎伊麻勢弖|伊<都><麻>弖可|安我故非乎良牟|等伎乃之良奈久

訓読

他国に君をいませていつまでか我が恋ひ居らむ時の知らなく

かな読み

ひとくにに|きみをいませて|いつまでか|あがこひをらむ|ときのしらなく

カタカナ読み

ヒトクニニ|キミヲイマセテ|イツマデカ|アガコヒヲラム|トキノシラナク

ローマ字読み|大文字

HITOKUNINI|KIMIOIMASETE|ITSUMADEKA|AGAKOHIORAMU|TOKINOSHIRANAKU

ローマ字読み|小文字

hitokunini|kimioimasete|itsumadeka|agakohioramu|tokinoshiranaku

左注|左註

右九首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|恋情|悲別|女歌|中臣宅守

校異

豆->都【類】【紀】【細】|摩->麻【類】【紀】【温】【細】

寛永版本

ひとくにに[寛],
きみをいませて[寛],
いつまでか,[寛]いつまてか,
あがこひをらむ,[寛]あかこひをらむ,
ときのしらなく[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました