万葉集3604番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3604番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3604番について

歌番号

3604番

原文

妹我素弖|和可礼弖比左尓|奈里奴礼杼|比登比母伊毛乎|和須礼弖於毛倍也

訓読

妹が袖別れて久になりぬれど一日も妹を忘れて思へや

かな読み

いもがそで|わかれてひさに|なりぬれど|ひとひもいもを|わすれておもへや

カタカナ読み

イモガソデ|ワカレテヒサニ|ナリヌレド|ヒトヒモイモヲ|ワスレテオモヘヤ

ローマ字読み|大文字

IMOGASODE|WAKARETEHISANI|NARINUREDO|HITOHIMOIMO|WASURETEOMOHEYA

ローマ字読み|小文字

imogasode|wakaretehisani|narinuredo|hitohimoimo|wasureteomoheya

左注|左註

右三首戀歌

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|古歌|誦詠|恋情|望郷|羈旅|転用

校異

特に無し

寛永版本

いもがそで,[寛]いもかそて,
わかれてひさに[寛],
なりぬれど,[寛]なりぬれと,
ひとひもいもを[寛],
わすれておもへや[寛],

巻数

第15巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました