万葉集3668番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3668番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3668番について

歌番号

3668番

原文

於保伎美能|等保能美可度登|於毛敝礼杼|氣奈我久之安礼婆|古非尓家流可母

訓読

大君の遠の朝廷と思へれど日長くしあれば恋ひにけるかも

かな読み

おほきみの|とほのみかどと|おもへれど|けながくしあれば|こひにけるかも

カタカナ読み

オホキミノ|トホノミカドト|オモヘレド|ケナガクシアレバ|コヒニケルカモ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|TOHONOMIKADOTO|OMOHEREDO|KENAGAKUSHIAREBA|KOHINIKERUKAMO

ローマ字読み|小文字

ohokimino|tohonomikadoto|omoheredo|kenagakushiareba|kohinikerukamo

左注|左註

右一首大使

事項|分類・ジャンル

遣新羅使|天平8年年紀|羈旅|恋情|望郷|福岡|韓亭

校異

花(【西(訂正左書)】美->華【紀】【細】

寛永版本

おほきみの[寛],
とほのみかどと,[寛]とほのみかとと,
おもへれど,[寛]おもへれと,
けながくしあれば,[寛]けなかくしあれは,
こひにけるかも[寛],

巻数

第15巻

作者

阿倍継麻呂

タイトルとURLをコピーしました