万葉集3752番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3752番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3752番について

歌番号

3752番

原文

波流乃日能|宇良我奈之伎尓|於久礼為弖|君尓古非都々|宇都之家米也母

訓読

春の日のうら悲しきに後れ居て君に恋ひつつうつしけめやも

かな読み

はるのひの|うらがなしきに|おくれゐて|きみにこひつつ|うつしけめやも

カタカナ読み

ハルノヒノ|ウラガナシキニ|オクレヰテ|キミニコヒツツ|ウツシケメヤモ

ローマ字読み|大文字

HARUNOHINO|URAGANASHIKINI|OKUREITE|KIMINIKOHITSUTSU|UTSUSHIKEMEYAMO

ローマ字読み|小文字

harunohino|uraganashikini|okureite|kiminikohitsutsu|utsushikemeyamo

左注|左註

右九首娘子

事項|分類・ジャンル

天平12年年紀|贈答|恋情|悲別|女歌|中臣宅守

校異

特に無し

寛永版本

はるのひの[寛],
うらがなしきに,[寛]うらかなしきに,
おくれゐて[寛],
きみにこひつつ[寛],
うつしけめやも[寛],

巻数

第15巻

作者

狭野弟上娘子

タイトルとURLをコピーしました