万葉集3359番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3359番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3359番について

歌番号

3359番

原文

駿河能宇美|於思敝尓於布流|波麻都豆良|伊麻思乎多能美|波播尓多我比奴|[一云|於夜尓多我比奴]

訓読

駿河の海おし辺に生ふる浜つづら汝を頼み母に違ひぬ|[一云|親に違ひぬ]

かな読み

するがのうみ|おしへにおふる|はまつづら|いましをたのみ|ははにたがひぬ|[おやにたがひぬ]

カタカナ読み

スルガノウミ|オシヘニオフル|ハマツヅラ|イマシヲタノミ|ハハニタガヒヌ|[オヤニタガヒヌ]

ローマ字読み|大文字

SURUGANOMI|OSHIHENIOFURU|HAMATSUZURA|IMASHIOTANOMI|HAHANITAGAHINU|[OYANITAGAHINU]

ローマ字読み|小文字

suruganomi|oshiheniofuru|hamatsuzura|imashiotanomi|hahanitagahinu|[oyanitagahinu]

左注|左註

右五首駿河國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|静岡県|駿河湾|地名|植物|恋情|異伝|歌謡|歌垣|民謡

校異

特に無し

寛永版本

するがのうみ,[寛]するかのうみ,
おしへにおふる[寛],
はまつづら,[寛]はまつつら,
いましをたのみ[寛],
ははにたがひぬ,[寛]ははにたかひぬ,
[おやにたがひぬ],[寛]おやにたかひぬ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました