万葉集3447番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3447番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3447番について

歌番号

3447番

原文

久佐可氣乃|安努奈由可武等|波里之美知|阿努波由加受弖|阿良久佐太知奴

訓読

草蔭の安努な行かむと墾りし道安努は行かずて荒草立ちぬ

かな読み

くさかげの|あのなゆかむと|はりしみち|あのはゆかずて|あらくさだちぬ

カタカナ読み

クサカゲノ|アノナユカムト|ハリシミチ|アノハユカズテ|アラクサダチヌ

ローマ字読み|大文字

KUSAKAGENO|ANONAYUKAMUTO|HARISHIMICHI|ANOHAYUKAZUTE|ARAKUSADACHINU

ローマ字読み|小文字

kusakageno|anonayukamuto|harishimichi|anohayukazute|arakusadachinu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|植物|地名|静岡県|浮島沼|枕詞|新道|譬喩

校異

特に無し

寛永版本

くさかげの,[寛]くさかけの,
あのなゆかむと,[寛]あのとなゆかむと,
はりしみち[寛],
あのはゆかずて,[寛]あのとはゆかすて,
あらくさだちぬ,[寛]あらくさたちぬ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました