万葉集3466番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3466番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3466番について

歌番号

3466番

原文

麻可奈思美|奴礼婆許登尓豆|佐祢奈敝波|己許呂乃緒呂尓|能里弖可奈思母

訓読

ま愛しみ寝れば言に出さ寝なへば心の緒ろに乗りて愛しも

かな読み

まかなしみ|ぬればことにづ|さねなへば|こころのをろに|のりてかなしも

カタカナ読み

マカナシミ|ヌレバコトニヅ|サネナヘバ|ココロノヲロニ|ノリテカナシモ

ローマ字読み|大文字

MAKANASHIMI|NUREBAKOTONIZU|SANENAHEBA|KOKORONORONI|NORITEKANASHIMO

ローマ字読み|小文字

makanashimi|nurebakotonizu|sanenaheba|kokoronoroni|noritekanashimo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|尫柜蹋|恋情|女歌

校異

特に無し

寛永版本

まかなしみ[寛],
ぬればことにづ,[寛]ぬれはことにつ,
さねなへば,[寛]さねなへは,
こころのをろに[寛],
のりてかなしも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました