万葉集3381番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3381番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3381番について

歌番号

3381番

原文

奈都蘇妣久|宇奈比乎左之弖|等夫登利乃|伊多良武等曽与|阿我之多波倍思

訓読

夏麻引く宇奈比をさして飛ぶ鳥の至らむとぞよ我が下延へし

かな読み

なつそびく|うなひをさして|とぶとりの|いたらむとぞよ|あがしたはへし

カタカナ読み

ナツソビク|ウナヒヲサシテ|トブトリノ|イタラムトゾヨ|アガシタハヘシ

ローマ字読み|大文字

NATSUSOBIKU|UNAHIOSASHITE|TOBUTORINO|ITARAMUTOZOYO|AGASHITAHAHESHI

ローマ字読み|小文字

natsusobiku|unahiosashite|tobutorino|itaramutozoyo|agashitahaheshi

左注|左註

右九首武蔵國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|埼玉県|東京都|地名|枕詞|序詞|恋情

校異

特に無し

寛永版本

なつそびく,[寛]なつそひく,
うなひをさして[寛],
とぶとりの,[寛]とふとりの,
いたらむとぞよ,[寛]いたらむとそよ,
あがしたはへし,[寛]あかしたはへし,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました