万葉集3402番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3402番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3402番について

歌番号

3402番

原文

比能具礼尓|宇須比乃夜麻乎|古由流日波|勢奈能我素R母|佐夜尓布良思都

訓読

日の暮れに碓氷の山を越ゆる日は背なのが袖もさやに振らしつ

かな読み

ひのぐれに|うすひのやまを|こゆるひは|せなのがそでも|さやにふらしつ

カタカナ読み

ヒノグレニ|ウスヒノヤマヲ|コユルヒハ|セナノガソデモ|サヤニフラシツ

ローマ字読み|大文字

HINOGURENI|USUHINOYAMAO|KOYURUHIHA|SENANOGASODEMO|SAYANIFURASHITSU

ローマ字読み|小文字

hinogureni|usuhinoyamao|koyuruhiha|senanogasodemo|sayanifurashitsu

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|碓氷|別離|女歌|恋情|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

ひのぐれに,[寛]ひのくれに,
うすひのやまを[寛],
こゆるひは[寛],
せなのがそでも,[寛]せなのかそても,
さやにふらしつ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました