万葉集3426番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3426番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3426番について

歌番号

3426番

原文

安比豆祢能|久尓乎佐杼抱美|安波奈波婆|斯努比尓勢毛等|比毛牟須婆佐祢

訓読

会津嶺の国をさ遠み逢はなはば偲ひにせもと紐結ばさね

かな読み

あひづねの|くにをさどほみ|あはなはば|しのひにせもと|ひもむすばさね

カタカナ読み

アヒヅネノ|クニヲサドホミ|アハナハバ|シノヒニセモト|ヒモムスバサネ

ローマ字読み|大文字

AHIZUNENO|KUNIOSADOHOMI|AHANAHABA|SHINOHINISEMOTO|HIMOMUSUBASANE

ローマ字読み|小文字

ahizuneno|kuniosadohomi|ahanahaba|shinohinisemoto|himomusubasane

左注|左註

右三首陸奥國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|福島県|東北地方|地名|会津|磐梯山|悲別|恋情

校異

毛【細】牟

寛永版本

あひづねの,[寛]あひつねの,
くにをさどほみ,[寛]くにをさとほみ,
あはなはば,[寛]あはなはは,
しのひにせもと[寛],
ひもむすばさね,[寛]ひもむすはさね,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました