万葉集3385番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3385番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3385番について

歌番号

3385番

原文

可豆思賀能|麻萬能手兒奈我|安里之<可婆>|麻末乃於須比尓|奈美毛登杼呂尓

訓読

葛飾の真間の手児名がありしかば真間のおすひに波もとどろに

かな読み

かづしかの|ままのてごなが|ありしかば|ままのおすひに|なみもとどろに

カタカナ読み

カヅシカノ|ママノテゴナガ|アリシカバ|ママノオスヒニ|ナミモトドロニ

ローマ字読み|大文字

KAZUSHIKANO|MAMANOTEGONAGA|ARISHIKABA|MAMANOSUHINI|NAMIMOTODORONI

ローマ字読み|小文字

kazushikano|mamanotegonaga|arishikaba|mamanosuhini|namimotodoroni

左注|左註

右四首下総國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|千葉県|地名|葛飾|伝説|市川

校異

婆可->可婆【細】

寛永版本

かづしかの,[寛]かつしかの,
ままのてごなが,[寛]ままのてこなか,
ありしかば,[寛]ありしかは,
ままのおすひに[寛],
なみもとどろに,[寛]なみもととろに,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました