万葉集3513番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3513番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3513番について

歌番号

3513番

原文

由布佐礼婆|美夜麻乎左良奴|尓努具母能|安是可多要牟等|伊比之兒呂<波>母

訓読

夕さればみ山を去らぬ布雲のあぜか絶えむと言ひし子ろはも

かな読み

ゆふされば|みやまをさらぬ|にのぐもの|あぜかたえむと|いひしころはも

カタカナ読み

ユフサレバ|ミヤマヲサラヌ|ニノグモノ|アゼカタエムト|イヒシコロハモ

ローマ字読み|大文字

YUFUSAREBA|MIYAMAOSARANU|NINOGUMONO|AZEKATAEMUTO|IHISHIKOROHAMO

ローマ字読み|小文字

yufusareba|miyamaosaranu|ninogumono|azekataemuto|ihishikorohamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|序詞|恋情

校異

婆->波【元】

寛永版本

ゆふされば,[寛]ゆふされは,
みやまをさらぬ[寛],
にのぐもの,[寛]にのくもの,
あぜかたえむと,[寛]あせかたえむと,
いひしころはも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました