万葉集3520番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3520番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3520番について

歌番号

3520番

原文

於毛可多能|和須礼牟之太波|於抱野呂尓|多奈婢久君母乎|見都追思努波牟

訓読

面形の忘れむしだは大野ろにたなびく雲を見つつ偲はむ

かな読み

おもかたの|わすれむしだは|おほのろに|たなびくくもを|みつつしのはむ

カタカナ読み

オモカタノ|ワスレムシダハ|オホノロニ|タナビククモヲ|ミツツシノハム

ローマ字読み|大文字

OMOKATANO|WASUREMUSHIDAHA|OHONORONI|TANABIKUKUMO|MITSUTSUSHINOHAMU

ローマ字読み|小文字

omokatano|wasuremushidaha|ohonoroni|tanabikukumo|mitsutsushinohamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|恋情|望郷|羈旅

校異

特に無し

寛永版本

おもかたの[寛],
わすれむしだは,[寛]わすれむしたは,
おほのろに[寛],
たなびくくもを,[寛]たなひくくもを,
みつつしのはむ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました