万葉集3362番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3362番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3362番について

歌番号

3362番

原文

相模祢乃|乎美祢見所久思|和須礼久流|伊毛我名欲妣弖|吾乎祢之奈久奈

訓読

相模嶺の小峰見そくし忘れ来る妹が名呼びて我を音し泣くな

かな読み

さがむねの|をみねみそくし|わすれくる|いもがなよびて|あをねしなくな

カタカナ読み

サガムネノ|ヲミネミソクシ|ワスレクル|イモガナヨビテ|アヲネシナクナ

ローマ字読み|大文字

SAGAMUNENO|OMINEMISOKUSHI|WASUREKURU|IMOGANAYOBITE|AONESHINAKUNA

ローマ字読み|小文字

sagamuneno|ominemisokushi|wasurekuru|imoganayobite|aoneshinakuna

左注|左註

或本歌曰|武蔵祢能|乎美祢見可久思|和須礼<遊>久|伎美我名可氣弖|安乎祢思奈久流|右十二首相模國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|神奈川県|地名|丹沢|別離|恋情|異伝

校異

所【岩波大系】(塙)(楓)可|->遊【西(右書)】【元】【類】【古】【紀】

寛永版本

さがむねの,[寛]さかみねの,
をみねみそくし[寛],
わすれくる[寛],
いもがなよびて,[寛]いもかなよひて,
あをねしなくな,[寛]わをねしなくな,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました