万葉集3522番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3522番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3522番について

歌番号

3522番

原文

伎曽許曽波|兒呂等左宿之香|久毛能宇倍由|奈伎由久多豆乃|麻登保久於毛保由

訓読

昨夜こそば子ろとさ寝しか雲の上ゆ鳴き行く鶴の間遠く思ほゆ

かな読み

きぞこそば|ころとさねしか|くものうへゆ|なきゆくたづの|まとほくおもほゆ

カタカナ読み

キゾコソバ|コロトサネシカ|クモノウヘユ|ナキユクタヅノ|マトホクオモホユ

ローマ字読み|大文字

KIZOKOSOBA|KOROTOSANESHIKA|KUMONOHEYU|NAKIYUKUTAZUNO|MATOHOKUOMOHOYU

ローマ字読み|小文字

kizokosoba|korotosaneshika|kumonoheyu|nakiyukutazuno|matohokuomohoyu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|動物|恋情

校異

特に無し

寛永版本

きぞこそば,[寛]きそこそは,
ころとさねしか[寛],
くものうへゆ[寛],
なきゆくたづの,[寛]なきゆくたつの,
まとほくおもほゆ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました