万葉集3444番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3444番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3444番について

歌番号

3444番

原文

伎波都久乃|乎加能久君美良|和礼都賣杼|故尓毛<美>多奈布|西奈等都麻佐祢

訓読

伎波都久の岡のくくみら我れ摘めど籠にも満たなふ背なと摘まさね

かな読み

きはつくの|をかのくくみら|われつめど|こにもみたなふ|せなとつまさね

カタカナ読み

キハツクノ|ヲカノククミラ|ワレツメド|コニモミタナフ|セナトツマサネ

ローマ字読み|大文字

KIHATSUKUNO|OKANOKUKUMIRA|WARETSUMEDO|KONIMOMITANAFU|SENATOTSUMASANE

ローマ字読み|小文字

kihatsukuno|okanokukumira|waretsumedo|konimomitanafu|senatotsumasane

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|雑歌|地名|茨城県|真壁郡|植物|野遊び|掛醎合媿|女歌|歌垣|歌謡|恋愛

校異

乃->美【万葉考】

寛永版本

きはつくの[寛],
をかのくくみら[寛],
われつめど,[寛]われつめと,
こにもみたなふ,[寛]こにものたなふ,
せなとつまさね[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました