万葉集3356番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3356番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3356番について

歌番号

3356番

原文

不盡能祢乃|伊夜等保奈我伎|夜麻治乎毛|伊母我理登倍婆|氣尓餘婆受吉奴

訓読

富士の嶺のいや遠長き山道をも妹がりとへばけによばず来ぬ

かな読み

ふじのねの|いやとほながき|やまぢをも|いもがりとへば|けによばずきぬ

カタカナ読み

フジノネノ|イヤトホナガキ|ヤマヂヲモ|イモガリトヘバ|ケニヨバズキヌ

ローマ字読み|大文字

FUJINONENO|IYATOHONAGAKI|YAMAJIOMO|IMOGARITOHEBA|KENIYOBAZUKINU

ローマ字読み|小文字

fujinoneno|iyatohonagaki|yamajiomo|imogaritoheba|keniyobazukinu

左注|左註

右五首駿河國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|静岡県|富士山|地名|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

ふじのねの,[寛]ふしのねの,
いやとほながき,[寛]いやとほなかき,
やまぢをも,[寛]やまちをも,
いもがりとへば,[寛]いもかりとへは,
けによばずきぬ,[寛]けによはすきぬ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました