万葉集3351番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3351番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3351番について

歌番号

3351番

原文

筑波祢尓|由伎可母布良留|伊奈乎可母|加奈思吉兒呂我|尓努保佐流可母

訓読

筑波嶺に雪かも降らるいなをかも愛しき子ろが布乾さるかも

かな読み

つくはねに|ゆきかもふらる|いなをかも|かなしきころが|にのほさるかも

カタカナ読み

ツクハネニ|ユキカモフラル|イナヲカモ|カナシキコロガ|ニノホサルカモ

ローマ字読み|大文字

TSUKUHANENI|YUKIKAMOFURARU|INAOKAMO|KANASHIKIKOROGA|NINOHOSARUKAMO

ローマ字読み|小文字

tsukuhaneni|yukikamofuraru|inaokamo|kanashikikoroga|ninohosarukamo

左注|左註

右二首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|茨城県|筑波山|地名|恋情|景物

校異

特に無し

寛永版本

つくはねに[寛],
ゆきかもふらる[寛],
いなをかも[寛],
かなしきころが,[寛]かなしきころか,
にのほさるかも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました