万葉集3480番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3480番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3480番について

歌番号

3480番

原文

於保伎美乃|美己等可思古美|可奈之伊毛我|多麻久良波奈礼|欲太知伎努可母

訓読

大君の命畏み愛し妹が手枕離れ夜立ち来のかも

かな読み

おほきみの|みことかしこみ|かなしいもが|たまくらはなれ|よだちきのかも

カタカナ読み

オホキミノ|ミコトカシコミ|カナシイモガ|タマクラハナレ|ヨダチキノカモ

ローマ字読み|大文字

OHOKIMINO|MIKOTOKASHIKOMI|KANASHIIMOGA|TAMAKURAHANARE|YODACHIKINOKAMO

ローマ字読み|小文字

ohokimino|mikotokashikomi|kanashiimoga|tamakurahanare|yodachikinokamo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|防人|恋情|羈旅|出発|別離

校異

特に無し

寛永版本

おほきみの[寛],
みことかしこみ[寛],
かなしいもが,[寛]かなしいもか,
たまくらはなれ[寛],
よだちきのかも,[寛]よたちきぬかも,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました