万葉集3421番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3421番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3421番について

歌番号

3421番

原文

伊香保祢尓|可未奈那里曽祢|和我倍尓波|由恵波奈家杼母|兒良尓与里弖曽

訓読

伊香保嶺に雷な鳴りそね我が上には故はなけども子らによりてぞ

かな読み

いかほねに|かみななりそね|わがへには|ゆゑはなけども|こらによりてぞ

カタカナ読み

イカホネニ|カミナナリソネ|ワガヘニハ|ユヱハナケドモ|コラニヨリテゾ

ローマ字読み|大文字

IKAHONENI|KAMINANARISONE|WAGAHENIHA|YUEHANAKEDOMO|KORANIYORITEZO

ローマ字読み|小文字

ikahoneni|kaminanarisone|wagaheniha|yuehanakedomo|koraniyoritezo

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|伊香保|恋情

校異

特に無し

寛永版本

いかほねに[寛],
かみななりそね[寛],
わがへには,[寛]わかへには,
ゆゑはなけども,[寛]ゆゑはなけとも,
こらによりてぞ,[寛]こらによりてそ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました