万葉集3405番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3405番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3405番について

歌番号

3405番

原文

可美都氣努|乎度能多杼里我|可波治尓毛|兒良波安波奈毛|比等理能未思弖

訓読

上つ毛野乎度の多杼里が川路にも子らは逢はなもひとりのみして

かな読み

かみつけの|をどのたどりが|かはぢにも|こらはあはなも|ひとりのみして

カタカナ読み

カミツケノ|ヲドノタドリガ|カハヂニモ|コラハアハナモ|ヒトリノミシテ

ローマ字読み|大文字

KAMITSUKENO|ODONOTADORIGA|KAHAJINIMO|KORAHAAHANAMO|HITORINOMISHITE

ローマ字読み|小文字

kamitsukeno|odonotadoriga|kahajinimo|korahaahanamo|hitorinomishite

左注|左註

或本歌曰|可美都氣乃|乎野乃多杼里我|安波治尓母|世奈波安波奈母|美流比登奈思尓|右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|恋情

校異

特に無し

寛永版本

かみつけの[寛],
をどのたどりが,[寛]をとのたとりか,
かはぢにも,[寛]かはちにも,
こらはあはなも[寛],
ひとりのみして[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました