万葉集3459番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3459番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3459番について

歌番号

3459番

原文

伊祢都氣波|可加流安我<手>乎|許余比毛可|等能乃和久胡我|等里弖奈氣可武

訓読

稲つけばかかる我が手を今夜もか殿の若子が取りて嘆かむ

かな読み

いねつけば|かかるあがてを|こよひもか|とののわくごが|とりてなげかむ

カタカナ読み

イネツケバ|カカルアガテヲ|コヨヒモカ|トノノワクゴガ|トリテナゲカム

ローマ字読み|大文字

INETSUKEBA|KAKARUAGATEO|KOYOHIMOKA|TONONOWAKUGOGA|TORITENAGEKAMU

ローマ字読み|小文字

inetsukeba|kakaruagateo|koyohimoka|tononowakugoga|toritenagekamu

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|女歌|作業歌|恋愛

校異

手【西(上書訂正)】【元】【類】【紀】

寛永版本

いねつけば,[寛]いねつけは,
かかるあがてを,[寛]かかるあかてを,
こよひもか[寛],
とののわくごが,[寛]とののわくこか,
とりてなげかむ,[寛]とりてなけかむ,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました