万葉集3411番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3411番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3411番について

歌番号

3411番

原文

多胡能祢尓|与西都奈波倍弖|与須礼騰毛|阿尓久夜斯豆之|曽能可<抱>与吉尓

訓読

多胡の嶺に寄せ綱延へて寄すれどもあにくやしづしその顔よきに

かな読み

たごのねに|よせつなはへて|よすれども|あにくやしづし|そのかほよきに

カタカナ読み

タゴノネニ|ヨセツナハヘテ|ヨスレドモ|アニクヤシヅシ|ソノカホヨキニ

ローマ字読み|大文字

TAGONONENI|YOSETSUNAHAHETE|YOSUREDOMO|ANIKUYASHIZUSHI|SONOKAHOYOKINI

ローマ字読み|小文字

tagononeni|yosetsunahahete|yosuredomo|anikuyashizushi|sonokahoyokini

左注|左註

右廿二首上野國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|群馬県|地名|多胡|吉井町|序詞|怨恨|恋情|口説翮

校異

之【元】久|把->抱【矢】

寛永版本

たごのねに,[寛]たこのねに,
よせつなはへて[寛],
よすれども,[寛]よすれとも,
あにくやしづし,[寛]あにくやしつの,
そのかほよきに[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました