万葉集3358S2番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3358S2番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3358S2番について

歌番号

3358異伝歌2番

原文

阿敝良久波|多麻能乎思家也|古布良久波|布自乃多可祢尓|布流由伎奈須毛

訓読

逢へらくは玉の緒しけや恋ふらくは富士の高嶺に降る雪なすも

かな読み

あへらくは|たまのをしけや|こふらくは|ふじのたかねに|ふるゆきなすも

カタカナ読み

アヘラクハ|タマノヲシケヤ|コフラクハ|フジノタカネニ|フルユキナスモ

ローマ字読み|大文字

AHERAKUHA|TAMANOSHIKEYA|KOFURAKUHA|FUJINOTAKANENI|FURUYUKINASUMO

ローマ字読み|小文字

aherakuha|tamanoshikeya|kofurakuha|fujinotakaneni|furuyukinasumo

左注|左註

右五首駿河國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|静岡県|富士山|地名|恋情|歌垣|民謡|歌謡

校異

特に無し

寛永版本

あへらくは[寛],
たまのをしけや[寛],
こふらくは[寛],
ふじのたかねに,[寛]ふしのたかねに,
ふるゆきなすも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました