万葉集3500番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3500番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3500番について

歌番号

3500番

原文

牟良佐伎波|根乎可母乎布流|比等乃兒能|宇良我奈之家乎|祢乎遠敝奈久尓

訓読

紫草は根をかも終ふる人の子のうら愛しけを寝を終へなくに

かな読み

むらさきは|ねをかもをふる|ひとのこの|うらがなしけを|ねををへなくに

カタカナ読み

ムラサキハ|ネヲカモヲフル|ヒトノコノ|ウラガナシケヲ|ネヲヲヘナクニ

ローマ字読み|大文字

MURASAKIHA|NEOKAMOFURU|HITONOKONO|URAGANASHIKEO|NEOHENAKUNI

ローマ字読み|小文字

murasakiha|neokamofuru|hitonokono|uraganashikeo|neohenakuni

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|譬喩|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

むらさきは[寛],
ねをかもをふる[寛],
ひとのこの[寛],
うらがなしけを,[寛]うらかなしけを,
ねををへなくに[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました