万葉集3388番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3388番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3388番について

歌番号

3388番

原文

筑波祢乃|祢呂尓可須美為|須宜可提尓|伊伎豆久伎美乎|為祢弖夜良佐祢

訓読

筑波嶺の嶺ろに霞居過ぎかてに息づく君を率寝て遣らさね

かな読み

つくはねの|ねろにかすみゐ|すぎかてに|いきづくきみを|ゐねてやらさね

カタカナ読み

ツクハネノ|ネロニカスミヰ|スギカテニ|イキヅクキミヲ|ヰネテヤラサネ

ローマ字読み|大文字

TSUKUHANENO|NERONIKASUMII|SUGIKATENI|IKIZUKUKIMIO|INETEYARASANE

ローマ字読み|小文字

tsukuhaneno|neronikasumii|sugikateni|ikizukukimio|ineteyarasane

左注|左註

右十首常陸國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|茨城県|地名|筑波山|女歌|歌垣|勧誘|恋愛

校異

特に無し

寛永版本

つくはねの[寛],
ねろにかすみゐ[寛],
すぎかてに,[寛]すきかてに,
いきづくきみを,[寛]いきつくきみを,
ゐねてやらさね[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました