万葉集3496番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3496番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3496番について

歌番号

3496番

原文

多知婆奈乃|古婆乃波奈里我|於毛布奈牟|己許呂宇都久思|伊弖安礼波伊可奈

訓読

橘の古婆の放髪が思ふなむ心うつくしいで我れは行かな

かな読み

たちばなの|こばのはなりが|おもふなむ|こころうつくし|いであれはいかな

カタカナ読み

タチバナノ|コバノハナリガ|オモフナム|ココロウツクシ|イデアレハイカナ

ローマ字読み|大文字

TACHIBANANO|KOBANOHANARIGA|OMOFUNAMU|KOKOROTSUKUSHI|IDEAREHAIKANA

ローマ字読み|小文字

tachibanano|kobanohanariga|omofunamu|kokorotsukushi|idearehaikana

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|地名|神奈川県|川崎市|恋情

校異

特に無し

寛永版本

たちばなの,[寛]たちはなの,
こばのはなりが,[寛]こはのはなりか,
おもふなむ[寛],
こころうつくし[寛],
いであれはいかな,[寛]いてあれはいかな,

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました