万葉集3468番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3468番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3468番について

歌番号

3468番

原文

夜麻杼里乃|乎呂能<波>都乎尓|可賀美可家|刀奈布倍美許曽|奈尓与曽利鶏米

訓読

山鳥の峰ろのはつをに鏡懸け唱ふべみこそ汝に寄そりけめ

かな読み

やまとりの|をろのはつをに|かがみかけ|となふべみこそ|なによそりけめ

カタカナ読み

ヤマトリノ|ヲロノハツヲニ|カガミカケ|トナフベミコソ|ナニヨソリケメ

ローマ字読み|大文字

YAMATORINO|ORONOHATSUONI|KAGAMIKAKE|TONAFUBEMIKOSO|NANIYOSORIKEME

ローマ字読み|小文字

yamatorino|oronohatsuoni|kagamikake|tonafubemikoso|naniyosorikeme

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|尫柜蹋|恋愛|神祭り

校異

->波【西(左書)】【元】【類】【紀】

寛永版本

やまとりの[寛],
をろのはつをに[寛],
かがみかけ,[寛]かかみかけ,
となふべみこそ,[寛]となふへみこそ,
なによそりけめ[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました