万葉集3495番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3495番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3495番について

歌番号

3495番

原文

伊波保呂乃|蘇比能和可麻都|可藝里登也|伎美我伎麻左奴|宇良毛等奈久文

訓読

巌ろの沿ひの若松限りとや君が来まさぬうらもとなくも

かな読み

いはほろの|そひのわかまつ|かぎりとや|きみがきまさぬ|うらもとなくも

カタカナ読み

イハホロノ|ソヒノワカマツ|カギリトヤ|キミガキマサヌ|ウラモトナクモ

ローマ字読み|大文字

IHAHORONO|SOHINOWAKAMATSU|KAGIRITOYA|KIMIGAKIMASANU|URAMOTONAKUMO

ローマ字読み|小文字

ihahorono|sohinowakamatsu|kagiritoya|kimigakimasanu|uramotonakumo

左注|左註

特に無し

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|植物|怨恨|恋情|女歌

校異

文【細】毛

寛永版本

いはほろの[寛],
そひのわかまつ[寛],
かぎりとや,[寛]かきりとや,
きみがきまさぬ,[寛]きみかきまさぬ,
うらもとなくも[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました