万葉集3362S番の作者・分類|訓読・読み|意味・訳|原文

万葉集3362S番の原文、読み、作者、左注、事項をまとめます。

スポンサーリンク

万葉集3362S番について

歌番号

3362異伝歌番

原文

武蔵祢能|乎美祢見可久思|和須礼<遊>久|伎美我名可氣弖|安乎祢思奈久流

訓読

武蔵嶺の小峰見隠し忘れ行く君が名懸けて我を音し泣くる

かな読み

むざしねの|をみねみかくし|わすれゆく|きみがなかけて|あをねしなくる

カタカナ読み

ムザシネノ|ヲミネミカクシ|ワスレユク|キミガナカケテ|アヲネシナクル

ローマ字読み|大文字

MUZASHINENO|OMINEMIKAKUSHI|WASUREYUKU|KIMIGANAKAKETE|AONESHINAKURU

ローマ字読み|小文字

muzashineno|ominemikakushi|wasureyuku|kimiganakakete|aoneshinakuru

左注|左註

右十二首相模國歌

事項|分類・ジャンル

東歌|相聞|神奈川県|異伝|地名|別離|恋情

校異

特に無し

寛永版本

むざしねの,[寛]むさしねの,
をみねみかくし[寛],
わすれゆく[寛],
きみがなかけて,[寛]きみかなかけて,
あをねしなくる[寛],

巻数

第14巻

作者

不詳

タイトルとURLをコピーしました